全身施術の注意点

医療器具

脂肪溶解液を注射する方法を利用して、全身の脂肪吸引を考えている方も少なくないでしょう。理由は、全身の脂肪吸引にはメリットが多いからです。全身の脂肪を取り除くことによって、太りにくい身体を手に入れることができます。脂肪細胞が減るので、リバウンドしにくくなるのです。ですが、このとき、いくつかの注意点があるので、チェックしておきましょう。注意点について分かっていないと、後から思わぬ問題が発生してしまうことがあります。まず、基本的に体中の脂肪を全て取り除くことはできないでしょう。施術を施せる部位とそうでない部位があるからです。これは、脂肪溶解注射を利用した施術でも同じでしょう。また、一度に全身の脂肪を吸引することもできません。数回に分けて施術を行なうのです。

基本的に、施術ができない部位があるのには、理由があります。例えば、首はほとんどが皮膚なので、脂肪吸引をすることが難しいのです。脂肪溶解液を注射することも難しいでしょう。また、筋肉や神経の関係で施術が難しい部位もあります。前腕などがそうです。溶解液を注射してしまうと、筋肉や神経を傷めてしまう可能性があるでしょう。この場合、脂肪吸引を行なうことは難しいのです。また、単純に脂肪がついていないことも理由になります。重度の肥満の場合は例外的に施術を施すことができる可能性もあるでしょう。ですが、手の甲など、一般的に脂肪がほとんどついていない部位とされています。膝なども皮膚が占める割合が多いので、脂肪を吸引するのが難しいのです。

全身脂肪吸引を考えている場合、治療計画を立てるようにしましょう。基本的に施術の間隔は1ヶ月以上空けるようにします。また、部位によってはダウンタイムの長さも違ってくるでしょう。できるだけダウンタイムが長い部位から施術を施していくようにします。そうすることで、体の負担を減らすことができるのです。また、脂肪吸引を行なっている期間中はダイエットを控えるようにします。理由としては、皮膚がたるみやすくなってしまうからです。脂肪を吸引しにくくもなりますし、施術後の見た目も悪くなってしまうでしょう。さらに、体力的に不安が出てくることもあるでしょう。体力が回復していないと、施術を受けることができないこともあるのです。注意するべきポイントをしっかりと押さえておくようにしましょう。