アフターケアの重要性

レディ

脂肪溶解注射を用いた脂肪吸引後は、アフターケアが重要です。脂肪溶解注射を活用することによって、脂肪を綺麗に取り除くことができるでしょう。ですが、アフターケアを怠ってしまうと、見た目が悪くなってしまう可能性があります。脂肪吸引の効果を十分に得られなくなることもあるでしょう。アフターケアをしっかりと行なえば、綺麗なボディを手に入れることができます。基本的に脂肪を取り除くことで、身体に変化が起こるでしょう。術後の回復にしばらく時間がかかるのは、このためです。また、術後のアフターケアとしては圧迫することが挙げられます。施術を施した部位を、圧迫するのです。一般的に脂肪を吸引した後には、腫れや内出血などが起こります。このような症状から早期に回復させるためには、サポーターなどで圧迫することが大切なのです。

脂肪吸引を行なうと、皮下が固くなるでしょう。これは、施術してから1週間後ぐらいから見られる症状です。拘縮と呼ばれる症状ですが、脂肪溶解注射を用いた施術後にも見られるでしょう。脂肪細胞がなくなることで、皮下が固くなってしまうのです。基本的にマッサージを行なうことで、拘縮を防ぐことができます。施術後は入念にマッサージを施すようにしましょう。マッサージを怠ってしまうと、皮膚の表面に凹凸ができてしまいます。見た目がとても悪くなるのです。マッサージを行なうタイミングは、腫れがひいてからです。2ヶ月程は患部をマッサージするようにしましょう。

脂肪溶解注射を使った脂肪吸引を行なう方も増えてきています。施術後は飲酒や喫煙を控えるようにしましょう。飲酒や喫煙によって体力が損なわれてしまうと、腫れや内出血から回復するのが遅くなってしまう恐れがあるのです。できるだけ、体力を回復させるようにしましょう。また、肉体労働やスポーツなどの激しい運動も控えるようにします。最低でも腫れがひくまでは、安静にしておくように意識しましょう。肉体労働や激しい運動によって、患部の腫れや内出血が悪化してしまう恐れがあります。炎症を起こしてしまうこともあるでしょう。患部をいたわりながら生活するようにします。このように、アフターケアに力を入れることによって、しっかりと施術の効果を実感することができるのです。